チャクリキ・ジャパン古河オランダ生まれの格闘ジム

続きを読む

2017年

  • 01誤解!運足
    2017.12.22
    自然と足がこっちへ向く!移動稽古では、運足の指導がバンバン入る。素人からすると、足の運びと聞いて、足駆動で、つま先やかかとにばかり目がいってしまう。実は、上体の落下動作や腰の踏ん張りにこそ、… 詳細はこちら
  • 02稽古おさめ&稽古はじめ
    2017.12.15
    チャクリキ古河での2017年もあとわずか。今年もいろんなドラマがありました。良い事も悪い事も。最後は来年に向け
    新たな気持ちで着実に前へ進んでもらいたいものです。… 詳細はこちら
  • 03挑戦と成長
    2017.12.08
    12/3の大会の余韻も残しつつ、本日もチャクリキジャパン古河の少年空手とキックボク シングが行われた。相澤師範からはどこ(の大会)で勝つかよりも、大事なことは、… 詳細はこちら
  • 04北関東オープントーナメント2nd
    2017.12.03
    FIKA正道会館 士正館様主催北関東オープントーナメントに6名が参加しました‼結果はえいた優勝、やまと3位、グローブ空手でダニーが…詳細はこちら
  • 05勇気を与えられる闘い
    2017.11.17
    一年が経つのは早い。あっという間に年末に近づきそうな勢いで、少年空手でも12月の大会に向けて、5名の勇気ある子供達が稽古後の特別実践に参加している。… 詳細はこちら
  • 06これからが本番
    2017.11.10
    本日もキックボクシングは大盛況!冬の訪れ、11月に入り急に寒さが増し、日没が早くなってきた。年末に向けて、チャクリキ古河に活気が付く。例年そんな印象を何故だか受ける。...詳細はこちら
  • 07努力が素質を超える
    2017.10.27
    「努力が素質を超える」・・・格闘技においては。そんな雑談の中での言葉が耳に入ってきた。高みを目指すアスリートにとっては、センスがいかに重要かはいうまで…詳細はこちら
  • 08ブランドだけではない魅力
    2017.10.20
    ここ毎回になるが、チャクリキ古河でのキックボクシングが熱い!本日も専用駐車場が満員御礼、スペースを探して車を停めるのがやっと。道場内に道場生が14名は迫力が凄すぎる。…詳細はこちら
  • 09多彩で自由なスタイル
    2017.10.13
    ここでの取材を始めて、2年半でしょうか。前回も申し上げました通り、キックボクシングの人気に後押しされてか、目的は違えど、毎回活気が増してきているチャクリキのキック。…詳細はこちら
  • 10今までにない
    2017.10.06
    ドージョーチャクリキジャパン古河が活気を取り戻したかのような賑わいに。少年空手もそうだが、キックボクシングの勢いが最近凄い!本日は11名の参加者…詳細はこちら
  • 11今からがチャンス
    2017.09.15
    ダイエットや肉体改造はこれからの時期。秋冬はそんなことを言われるようになったのは最近のことでしょうか?涼しくて心地よいというだけでなく、代謝を高めるのに最適とは理に適っている。…詳細はこちら
  • 12溜をつくる
    2017.09.08
    スポーツや武道において溜とは「必要な力を集中させること。」である。攻撃において溜をつくることこそ、最大限相手に
    ダメージを与えるということは言うまでもない。…詳細はこちら
  • 13卵が先かニワトリが先か
    2017.08.23
    空手には”受け返し”という言葉がある。長く少年空手を取材していると空手の基本は防御と攻撃が一体の動作が重要であることに気付かされる。特にフルコンの組手においては… 詳細はこちら
  • 14日々リア充
    2017.08.16
    本日は世間的にお盆休み最終日。誰も来ていないかもと思いながら、顔だけ出して帰ろうという気持ちで道場に足を運んだ。やはり!いました‼...
    詳細はこちら
  • 15強さや美しさを求めて
    2017.08.02
    たまには、キックボクシングのほうも触れてみたい。丸2年以上取材を続けていると、参加者の顔ぶれもキックは大きく変わる。...
    詳細はこちら
  • 16マンネリだけでは駄目
    2017.07.19
    少年空手は久々に、トランポリンを使った体幹中心の稽古を行った。なんとなくだが、子供達が普段よりも生き生きと必死に稽古に向き合ったように思える。... 詳細はこちら
  • 17実践強化
    2017.07.12
    大会参加予定の選手には相澤師範より通常稽古後の強化対策が設けられ、その始まりの前にこんな言葉が告げられた。「稽古後の道場清掃は大会に出られない者で行う。大会当日は保護者の方が送迎を手伝ってくださる。」... 詳細はこちら
  • 18
    間合いの駆け引き
    2017.07.05
    組手において相手との駆け引きは避けて通れない。当たり前だが、基本と実戦のバランスを考えながら空手の奥深さに触れる。現に、型や稽古への姿勢が上達してきた子... 詳細はこちら
  • 19
    立ちの妙技
    2017.06.28
    スクエアステップを用いた稽古を反復する。最初は手と足がバラバラになる道場生達も自然とリズムが体に染みついて
    くるようにカタチになってきた。
    詳細はこちら
  • 20
    モクソー!ヤンツー
    2017.06.21
    モクソウ!ヤンツー!そして深々と息吹。はぁーっ、はっ!今日はメリハリと緩急をつけるとカッコいいヤンツーの型を全員で行う。取材を始めて丸2年が経ち今回で記念すべき100回目の記事となる。詳細はこちら
  • 21
    7.17第13回ゴールドカップ
    2017.06.07
    チャンピオン井原航太選手の感動からはや8ヵ月。またまた、ゴールドカップが江戸川区で開催予定です。7/17これからでも間に合うという雰囲気の中で、現在、道場内でも出場者を募っております。詳細はこちら
  • 22
    恥ずかしがるところ
    2017.05.24
    「恥ずかしがるところが違う!」とても厳しい口調で力説する相澤師範の顔は正に真剣そのもの。厳しすぎて声を詰まらせ、返事すら蚊が無く声でじっと聞いている子に気合いが飛ぶ。
    詳細はこちら
  • 23
    MATCH55
    2017.05.14
    ドージョーチャクリキ古河の開館5周年、そして相澤宏使館長の55歳記念のイベントとして、「MATCH 55」相澤館長対55名の公開スパーリング大会が行われました。... 詳細はこちら
  • 24 どうする?どうなる?
    2017.05.10
    少年空手大会から10日が経ち、本日の春季昇級審査会と子供達の健闘目まぐるしい。そして遂に相澤師範、試練のとき。5/14(日)15:00~前回延期となったMATCH55が開催される。
    詳細はこちら
  • 25
    北関東オープントーナメント
    2017.04.30
    何回も言ってますが、試合とは出場を決めた時から恐怖と緊張が始まります。それを克服してコートに立ち、きちんと相手と、そして自分と向き合えたことは素晴らしいです‼️... 詳細はこちら
  • 26真岡市武道館10:30~
    2017.04.26
    いよいよ、今週末行われます少年空手大会に向けて、実質上最終調整に入った3名の選手。他人ではない自分との闘いといった感じで稽古にのぞむ。
    詳細はこちら
  • 27
    厳しく特訓開始
    2017.04.12
    この後大会に参加予定の3名に対し、厳しい言葉が飛び交う。毎度のことながら指導する側の熱心で、根気のいる言葉選び、泣きながらも必死に自分の気持ちを高める道場生。



    詳細はこちら
  • 28 遂にヨガ再始動!
    2017.04.05
    本日は嬉しいニュースが飛び込んできた。ニーズは高かったものの一時的に休止しておりましたヨガがパワーアップして再始動とのこと。
    詳細は0280-23-1331 「Bonheur」
    「チャクリキ古河」まで





    詳細はこちら
  • 29
    遂に50人到達
    2017.03.22
    前回、公言したらやる男、相澤宏使と表現してから1週間。遂に、この日、公開練習の場で50人に到達。年齢を感じさせないアグレッシブに前に出る姿、この男のポテンシャルはまだまだ測れない。





    詳細はこちら
  • 30 現在調整中
    2017.03.15
    MATCH55を再来月に控えて相澤師範の熱も高まる。公言したらやる男、相澤宏使。現在命がけで猛特訓を開始した。 現在命がけで猛特訓を開始した。是非皆様の応援よろしくお願いします。





    詳細はこちら
  • 31
    ディテール調整
    2017.03.08
    技の精度をより高めたいと思ったら、フォームの細やかなディテールにこだわる必要がある。相澤師範
    は常々そう考えている。これは空手に限ったことではない。
    詳細はこちら
  • 32MATCH55
    2017.03.01
    本日の告知です。情報が入り次第随時アップしてまいります。 詳細はこちら
  • 33
    蹴りの初動
    2017.02.22
    当然ながら空手の基本は「予備動作や不要な動きを削るだけ削る」こと。空手も派手な動きで世界では人気を集めた面もあるが、基本はこれである。技の軌道は最短距離で、... 詳細はこちら
  • 34
    念入りにチェック
    2017.02.15
    「盲点」と題打った一週間前から今日。気を入れ直して師範も道場生も真剣そのもの。受けからの攻撃といった実践も取り入れながら、初心に帰り熱心に自分の動きをチェックしながら行って見せた。 詳細はこちら
  • 35
    盲点
    2017.02.08
    空手には多くの技がある。突き、蹴り、手套、貫手など等・・・。チャクリキの少年空手においてはその中でも最低限反復して覚えておかなければならない技を徹底して行っている。… 詳細はこちら
  • 36上意下達
    2017.02.01
    これは、上位の者の意志や命令を、下位の者に徹底させることである。組織やコミュニティの中では重要なことであるが、少年空手の直前に相澤師範が声を荒げた。… 詳細はこちら
  • 37いよいよディファ有明
    2017.01.25
    いよいよ、1/29はディファ有明で蹴拳が開催される。先般お伝えしている通り、この日は臼井先生のキックデビュー戦であり、先週まで猛特訓。今週は上々のコンディションで調整に入った。
    詳細はこちら
  • 38 大切な人を守る為
    2017.01.18
    「お前とママが一緒にいて、パパがいない時、悪いやつがきたらママや家族を守るのは誰だ!」取材を始めて何度となく耳にした相澤師範の問い。チャクリキに通う道場生なら誰もが「自分です」と答える。... 詳細はこちら
  • 39 成長できる何かに
    2017.01.11
    心は静かに培い、体は激しく鍛え、技は基本に忠実にかつ頭を使え!故大山先生はこんな言葉を残している。新年早々、挨拶も簡単に咄嗟にこんな台詞を思い出すような道場の雰囲気を感じた。

    詳細はこちら
  • 40 2017年初稽古
    2017.01.09
    本年もどうぞよろしくお願い致します。
    詳細はこちら
  • ■ 2016年記事
  • ■ 2015年記事
  • ■ -2014年記事




個人情報の取扱いに関する相談窓口
ドージョーチャクリキジャパン古河
〒306-0004 茨城県古河市雷電町
11-33 日翔ビル内
代 表 相 澤 宏 使
Tel.0280-23-1331
お問い合わせ



館 長

  • 【 相澤 宏使 】
    ドージョーチャクリキ師範
    チャクリキ武術参段
    極真空手弐段

     

    2012年退館後、急性骨髄性白血病を克服し、リング復帰を目指すノブハヤシ館長と再会、稽古をともにする。

    2013年、ドージョーチャクリキ・ジャパン古河を開設、同年9月代表就任。現在は来日するトップ選手などの、トレーニングパートナーも務める。

1 | 2 | 3 | 4

09/15/2017


ダイエットや肉体改造はこれ
からの時期。秋冬はそんな
ことを言われるようになった
のは最近のことでしょうか?
涼しくて心地よいというだけ
でなく、代謝を高めるのに最
適とは理に適っている。
人は体温が下がらないよう
エネルギーを多く放出するこ
とで、代謝はアップする。この
移行期である秋は、どんどん
代謝が高まってくる時期だ。
このタイミングで運動を取り入
れれば、基礎代謝がさらに上
がり、ダイエットの効果もより
期待できるはず。さらに秋に
きちんと運動をして筋肉量を
アップしておくことで、代謝が
活発になり、脂肪を溜め込み
やすくなる冬にもきちんと消費
できる体を準備することができ、
冬太り防止にもなります。
チャクリキ古河では、少年空手
キックボクシングだけではなく、
気軽に楽しめるエクササイズ
に力を入れている。運動不足
でなまった身体。そんな方には
是非とも体験してもらいたい。









 

 
 
 

09/08/2017


スポーツや武道において
溜とは「必要な力を集中
させること。」である。
攻撃において溜をつくる
ことこそ、最大限相手に
ダメージを与えるという
ことは言うまでもない。
蹴りにおいてのそれも
身につけることは容易
ではなく、少年空手だけ
でなくキックボクシングで
その練習を基本として
取り組んでいるのである。
重い蹴りとはなんなのか?
その課題で道場内は大い
に盛り上がる。動画を撮っ
ては、いったん止めて自
分の上下半身の捌きを
確認する作業が何度も何
度も繰り返し行われる。
今までは意識して溜をつ
くると思っていた私だが、
溜をつくるのではなく、動
きに合わせて溜ができる。
そんな印象に思えた。
みるみるミットの音が快音
に変わっていく様は圧巻。
指導者もプレーヤーも本
当に楽しい瞬間だろう。








 

 
 
 

08/23/2017


空手には”受け返し”という
言葉がある。長く少年空手
を取材していると空手の基
本は防御と攻撃が一体の
動作が重要であることに
気付かされる。
特にフルコンの組手におい
ては勝つことばかりに気を
取られ、この防御技術より
も打たれ強さと錯覚をおこ
してしまうことも少なくない。
しかし、相澤師範に言わせ
れば”防御”とは打撃による
ダメージを防ぐだけでなく、
次に攻撃に転じられる間合
いや機会を掴む運足を習得
することが大事のようだ。
今回は、この”転じ”を可能に
できるポジショニング(位置
取り)を含む体さばきに終始
した感じである。
相手に打たせながら、自分も
打つ…卵が先かニワトリが先
か?攻防一体、そんな言葉が
脳裏をよぎる。








 

 
 
 

08/16/2017


本日は世間的にお盆休み
最終日。誰も来ていないか
もと思いながら、顔だけ出し
て帰ろうという気持ちで道
場に足を運んだ。
やはり!いました‼
自主練ではありましたが、
熱心に空手の稽古に向き
合う一組の家族3名。
親子で”どうしよう””こうしよ
う”と独自でメニューを話し
合い、笑顔と汗と爽やかな
掛け声が道場内に響きわ
たった。キックにおいても意
識の高いメンバー7名。各々
の課題を真剣に行なった。
内2名は近々の大会に出場
が決定し、限られた時間の
中で一分一秒を大切に汗を
流した。一に鍛錬二に鍛錬、
どんなスポーツであれ楽しく、
真剣に向き合うと私生活も充
実してくるようだ。今日の空手
家族、キックも本当に明朗快活
、日々リア充な方達ばかりだ。








 

 
 
 

08/02/2017


たまには、キックボクシン
グのほうも触れてみたい。
丸2年以上取材を続けて
いると、参加者の顔ぶれ
もキックは大きく変わる。
少年空手は、日々個人
の成長を見守るような
楽しみがある一方、
キックボクシングの場合
仕事や家庭の都合、そ
の他で続けることができ
ない、またその逆に始め
られる、再開される方も
いる。だからこそ、いろん
な出会いがあって、自分
の目標に向き合うことも
できるのだろう。
ここ数年、女性にも人気
のキックボクシング。
強さや美しさを求めて、
日々新しい入門者が
チャクリキの門を叩く。
少しでも気になった方は
是非一度遊びに来て欲
しい。








 

 
 
 

07/19/2017


少年空手は久々に、トラ
ンポリンを使った体幹中
心の稽古を行った。
なんとなくだが、子供達
が普段よりも生き生きと
必死に稽古に向き合った
ように思える。
大人であれ、子どもであ
れ、空手であれ、フィット
ネスであれ・・・、少しの
変化で取り組む姿勢も
変わるようだ。
マンネリ化した稽古だけ
では駄目で、こうした遊
びながら楽しく行う稽古
も偶にはいいものである。
キックも一時の賑わいが
過去であった道場内も
少しづつ顔ぶれが変わり
ながら少し前の活気を
取り戻しつつある。
上手くなりたい、強くなり
たい連中が一人でも増え
ることを祈っている。









 

 
 
 

07/12/2017


大会参加予定の選手には
相澤師範より通常稽古後
の強化対策が設けられ、
その始まりの前にこんな
言葉が告げられた。
「稽古後の道場清掃は大
会に出られない者で行う。
大会当日は保護者の方が
送迎を手伝ってくださる。」
「だからお前たちは真剣に
大会に向き合い、満足いく
結果を出せるように努力す
る。」
愛ある言葉だが、その意味
は子供達が受け止めるより
軽くはない。
その後の実践練習には気
合いをいれて相澤師範の
喝が飛ぶ。練習後は、笑い
ながら、「怒鳴りすぎて頭が
痛い・・・」と相澤師範。
毎回のことながらこの男の
熱は凄い、そしてその執念
もまた同じである。









 

 
 
 

07/05/2017


組手において相手との駆け引き
は避けて通れない。当たり前だ
が、基本と実戦のバランスを考
えながら空手の奥深さに触れる。
現に、型や稽古への姿勢が上達
してきた子であっても実践になる
と首をかしげてしまう場面が多い。
チャクリキ古河でもそれが顕著に
なっている。これが、最近大会を
みていて変な違和感に繋がって
いたことに今回初めて気づいた。
駆け引きとは大きく分けて、「技」
と「間合い」にあるように思える。
本日は間合いに注力して実践を
行なった。ざっくりと感じた事だが
間合いの駆け引きとは、自分が
相手より心理的に優位に立つ、
また相手に劣勢であることを感じ
させる心理戦でもあるかな?と。
そこに集中してどこまで創意工夫
ができるか、自分なりの戦術を模
索していく必要があるのだろう。
難しい課題に直面した道場生、
本日は、体験者2名、見学者2名
も加わって、賑やかな少年空手
の雰囲気を味わった。








 

 
 
 

1 | 2 | 3 | 4