チャクリキ・ジャパン古河オランダ生まれの格闘ジム

続きを読む

2017年

  • 01誤解!運足
    2017.12.22
    自然と足がこっちへ向く!移動稽古では、運足の指導がバンバン入る。素人からすると、足の運びと聞いて、足駆動で、つま先やかかとにばかり目がいってしまう。実は、上体の落下動作や腰の踏ん張りにこそ、… 詳細はこちら
  • 02稽古おさめ&稽古はじめ
    2017.12.15
    チャクリキ古河での2017年もあとわずか。今年もいろんなドラマがありました。良い事も悪い事も。最後は来年に向け
    新たな気持ちで着実に前へ進んでもらいたいものです。… 詳細はこちら
  • 03挑戦と成長
    2017.12.08
    12/3の大会の余韻も残しつつ、本日もチャクリキジャパン古河の少年空手とキックボク シングが行われた。相澤師範からはどこ(の大会)で勝つかよりも、大事なことは、… 詳細はこちら
  • 04北関東オープントーナメント2nd
    2017.12.03
    FIKA正道会館 士正館様主催北関東オープントーナメントに6名が参加しました‼結果はえいた優勝、やまと3位、グローブ空手でダニーが…詳細はこちら
  • 05勇気を与えられる闘い
    2017.11.17
    一年が経つのは早い。あっという間に年末に近づきそうな勢いで、少年空手でも12月の大会に向けて、5名の勇気ある子供達が稽古後の特別実践に参加している。… 詳細はこちら
  • 06これからが本番
    2017.11.10
    本日もキックボクシングは大盛況!冬の訪れ、11月に入り急に寒さが増し、日没が早くなってきた。年末に向けて、チャクリキ古河に活気が付く。例年そんな印象を何故だか受ける。...詳細はこちら
  • 07努力が素質を超える
    2017.10.27
    「努力が素質を超える」・・・格闘技においては。そんな雑談の中での言葉が耳に入ってきた。高みを目指すアスリートにとっては、センスがいかに重要かはいうまで…詳細はこちら
  • 08ブランドだけではない魅力
    2017.10.20
    ここ毎回になるが、チャクリキ古河でのキックボクシングが熱い!本日も専用駐車場が満員御礼、スペースを探して車を停めるのがやっと。道場内に道場生が14名は迫力が凄すぎる。…詳細はこちら
  • 09多彩で自由なスタイル
    2017.10.13
    ここでの取材を始めて、2年半でしょうか。前回も申し上げました通り、キックボクシングの人気に後押しされてか、目的は違えど、毎回活気が増してきているチャクリキのキック。…詳細はこちら
  • 10今までにない
    2017.10.06
    ドージョーチャクリキジャパン古河が活気を取り戻したかのような賑わいに。少年空手もそうだが、キックボクシングの勢いが最近凄い!本日は11名の参加者…詳細はこちら
  • 11今からがチャンス
    2017.09.15
    ダイエットや肉体改造はこれからの時期。秋冬はそんなことを言われるようになったのは最近のことでしょうか?涼しくて心地よいというだけでなく、代謝を高めるのに最適とは理に適っている。…詳細はこちら
  • 12溜をつくる
    2017.09.08
    スポーツや武道において溜とは「必要な力を集中させること。」である。攻撃において溜をつくることこそ、最大限相手に
    ダメージを与えるということは言うまでもない。…詳細はこちら
  • 13卵が先かニワトリが先か
    2017.08.23
    空手には”受け返し”という言葉がある。長く少年空手を取材していると空手の基本は防御と攻撃が一体の動作が重要であることに気付かされる。特にフルコンの組手においては… 詳細はこちら
  • 14日々リア充
    2017.08.16
    本日は世間的にお盆休み最終日。誰も来ていないかもと思いながら、顔だけ出して帰ろうという気持ちで道場に足を運んだ。やはり!いました‼...
    詳細はこちら
  • 15強さや美しさを求めて
    2017.08.02
    たまには、キックボクシングのほうも触れてみたい。丸2年以上取材を続けていると、参加者の顔ぶれもキックは大きく変わる。...
    詳細はこちら
  • 16マンネリだけでは駄目
    2017.07.19
    少年空手は久々に、トランポリンを使った体幹中心の稽古を行った。なんとなくだが、子供達が普段よりも生き生きと必死に稽古に向き合ったように思える。... 詳細はこちら
  • 17実践強化
    2017.07.12
    大会参加予定の選手には相澤師範より通常稽古後の強化対策が設けられ、その始まりの前にこんな言葉が告げられた。「稽古後の道場清掃は大会に出られない者で行う。大会当日は保護者の方が送迎を手伝ってくださる。」... 詳細はこちら
  • 18
    間合いの駆け引き
    2017.07.05
    組手において相手との駆け引きは避けて通れない。当たり前だが、基本と実戦のバランスを考えながら空手の奥深さに触れる。現に、型や稽古への姿勢が上達してきた子... 詳細はこちら
  • 19
    立ちの妙技
    2017.06.28
    スクエアステップを用いた稽古を反復する。最初は手と足がバラバラになる道場生達も自然とリズムが体に染みついて
    くるようにカタチになってきた。
    詳細はこちら
  • 20
    モクソー!ヤンツー
    2017.06.21
    モクソウ!ヤンツー!そして深々と息吹。はぁーっ、はっ!今日はメリハリと緩急をつけるとカッコいいヤンツーの型を全員で行う。取材を始めて丸2年が経ち今回で記念すべき100回目の記事となる。詳細はこちら
  • 21
    7.17第13回ゴールドカップ
    2017.06.07
    チャンピオン井原航太選手の感動からはや8ヵ月。またまた、ゴールドカップが江戸川区で開催予定です。7/17これからでも間に合うという雰囲気の中で、現在、道場内でも出場者を募っております。詳細はこちら
  • 22
    恥ずかしがるところ
    2017.05.24
    「恥ずかしがるところが違う!」とても厳しい口調で力説する相澤師範の顔は正に真剣そのもの。厳しすぎて声を詰まらせ、返事すら蚊が無く声でじっと聞いている子に気合いが飛ぶ。
    詳細はこちら
  • 23
    MATCH55
    2017.05.14
    ドージョーチャクリキ古河の開館5周年、そして相澤宏使館長の55歳記念のイベントとして、「MATCH 55」相澤館長対55名の公開スパーリング大会が行われました。... 詳細はこちら
  • 24 どうする?どうなる?
    2017.05.10
    少年空手大会から10日が経ち、本日の春季昇級審査会と子供達の健闘目まぐるしい。そして遂に相澤師範、試練のとき。5/14(日)15:00~前回延期となったMATCH55が開催される。
    詳細はこちら
  • 25
    北関東オープントーナメント
    2017.04.30
    何回も言ってますが、試合とは出場を決めた時から恐怖と緊張が始まります。それを克服してコートに立ち、きちんと相手と、そして自分と向き合えたことは素晴らしいです‼️... 詳細はこちら
  • 26真岡市武道館10:30~
    2017.04.26
    いよいよ、今週末行われます少年空手大会に向けて、実質上最終調整に入った3名の選手。他人ではない自分との闘いといった感じで稽古にのぞむ。
    詳細はこちら
  • 27
    厳しく特訓開始
    2017.04.12
    この後大会に参加予定の3名に対し、厳しい言葉が飛び交う。毎度のことながら指導する側の熱心で、根気のいる言葉選び、泣きながらも必死に自分の気持ちを高める道場生。



    詳細はこちら
  • 28 遂にヨガ再始動!
    2017.04.05
    本日は嬉しいニュースが飛び込んできた。ニーズは高かったものの一時的に休止しておりましたヨガがパワーアップして再始動とのこと。
    詳細は0280-23-1331 「Bonheur」
    「チャクリキ古河」まで





    詳細はこちら
  • 29
    遂に50人到達
    2017.03.22
    前回、公言したらやる男、相澤宏使と表現してから1週間。遂に、この日、公開練習の場で50人に到達。年齢を感じさせないアグレッシブに前に出る姿、この男のポテンシャルはまだまだ測れない。





    詳細はこちら
  • 30 現在調整中
    2017.03.15
    MATCH55を再来月に控えて相澤師範の熱も高まる。公言したらやる男、相澤宏使。現在命がけで猛特訓を開始した。 現在命がけで猛特訓を開始した。是非皆様の応援よろしくお願いします。





    詳細はこちら
  • 31
    ディテール調整
    2017.03.08
    技の精度をより高めたいと思ったら、フォームの細やかなディテールにこだわる必要がある。相澤師範
    は常々そう考えている。これは空手に限ったことではない。
    詳細はこちら
  • 32MATCH55
    2017.03.01
    本日の告知です。情報が入り次第随時アップしてまいります。 詳細はこちら
  • 33
    蹴りの初動
    2017.02.22
    当然ながら空手の基本は「予備動作や不要な動きを削るだけ削る」こと。空手も派手な動きで世界では人気を集めた面もあるが、基本はこれである。技の軌道は最短距離で、... 詳細はこちら
  • 34
    念入りにチェック
    2017.02.15
    「盲点」と題打った一週間前から今日。気を入れ直して師範も道場生も真剣そのもの。受けからの攻撃といった実践も取り入れながら、初心に帰り熱心に自分の動きをチェックしながら行って見せた。 詳細はこちら
  • 35
    盲点
    2017.02.08
    空手には多くの技がある。突き、蹴り、手套、貫手など等・・・。チャクリキの少年空手においてはその中でも最低限反復して覚えておかなければならない技を徹底して行っている。… 詳細はこちら
  • 36上意下達
    2017.02.01
    これは、上位の者の意志や命令を、下位の者に徹底させることである。組織やコミュニティの中では重要なことであるが、少年空手の直前に相澤師範が声を荒げた。… 詳細はこちら
  • 37いよいよディファ有明
    2017.01.25
    いよいよ、1/29はディファ有明で蹴拳が開催される。先般お伝えしている通り、この日は臼井先生のキックデビュー戦であり、先週まで猛特訓。今週は上々のコンディションで調整に入った。
    詳細はこちら
  • 38 大切な人を守る為
    2017.01.18
    「お前とママが一緒にいて、パパがいない時、悪いやつがきたらママや家族を守るのは誰だ!」取材を始めて何度となく耳にした相澤師範の問い。チャクリキに通う道場生なら誰もが「自分です」と答える。... 詳細はこちら
  • 39 成長できる何かに
    2017.01.11
    心は静かに培い、体は激しく鍛え、技は基本に忠実にかつ頭を使え!故大山先生はこんな言葉を残している。新年早々、挨拶も簡単に咄嗟にこんな台詞を思い出すような道場の雰囲気を感じた。

    詳細はこちら
  • 40 2017年初稽古
    2017.01.09
    本年もどうぞよろしくお願い致します。
    詳細はこちら
  • ■ 2016年記事
  • ■ 2015年記事
  • ■ -2014年記事




個人情報の取扱いに関する相談窓口
ドージョーチャクリキジャパン古河
〒306-0004 茨城県古河市雷電町
11-33 日翔ビル内
代 表 相 澤 宏 使
Tel.0280-23-1331
お問い合わせ



館 長

  • 【 相澤 宏使 】
    ドージョーチャクリキ師範
    チャクリキ武術参段
    極真空手弐段

     

    2012年退館後、急性骨髄性白血病を克服し、リング復帰を目指すノブハヤシ館長と再会、稽古をともにする。

    2013年、ドージョーチャクリキ・ジャパン古河を開設、同年9月代表就任。現在は来日するトップ選手などの、トレーニングパートナーも務める。

1 | 2 | 3 | 4

12/22/2017


 
自然と足がこっちへ向く!
移動稽古では、運足の
指導がバンバン入る。
素人からすると、足の運
びと聞いて、足駆動で、
つま先やかかとにばかり
目がいってしまう。
実は、上体の落下動作
や腰の踏ん張りにこそ、
足の運びが生きてくる
ようだ。簡単に言えば、
全体の動きの結果が
運足だと言える。
一生懸命、師範の足
の動きを見て、マネを
しようとしている子が、
中々上達しない。そん
なことが良くあった。
力を抜いて、全体の動
きを合わせないと、足が
ついてこない。
空手において、キックに
おいて、やはり表面的
な型ではいけないことを
いまさらながらに思い知
らされる。今年一年も、
個人的にはお世話にな
りました。









 
 
 
 

12/15/2017


チャクリキ古河での2017年も
あとわずか。今年もいろんな
ドラマがありました。良い事も
悪い事も。最後は来年に向け
新たな気持ちで着実に前へ
進んでもらいたいものです。
今年の稽古おさめは12/29、
稽古はじめは恒例の雀神社
での初祈祷、千本突き、お楽
しみ会を1/7に相澤師範を筆
頭に盛大に行われる予定です。









 
 
 
 

12/08/2017


12/3の大会の余韻も残しつつ、
本日もチャクリキジャパン古河
の少年空手とキックボク シング
が行われた。
相澤師範からはどこ(の大会)
で勝つかよりも、大事なことは、
自分のピークをどう持 っていく
かが大切であると実際の話を
交えてお話下さった。
「だから逃げるな。常に真剣に
多くの経験と向かい合え」と
熱く語るその姿が相澤宏使の
人間性を垣間見たように思う。
大会に出場した5名には一人
づつ総括をいれ、全体として
よく頑張ったと結果問わず労う
様子に私も目頭が熱くなった。
大会挑戦者5名はもとより、そ
れを見守り励ました応援席へ
もその成長を喜び、満足感を
正直に口にして締めくくった。
これから先、多くの挑戦が一人
ひとりに訪れ、今回のように、
次の課題や壁も見えてくる。
人の成長はそんなところで
養われていくのだろう。








 
 
 
 

12/03/2017

FIKA正道会館 士正館様主催
北関東オープントーナメントに
6名が参加しました‼結果は
えいた優勝、やまと3位、
グローブ空手でダニーが…

11/17/2017


一年が経つのは早い。
あっという間に年末に
近づきそうな勢いで、
少年空手でも12月の
大会に向けて、5名の
勇気ある子供達が稽
古後の特別実践に
参加している。
相澤師範の口からは
「空手になっている!」
と嬉しい悲鳴が漏れ、
子供達の上達を目の
前で実感した。
一つ一つの技を丁寧
に相手に効かせるには
どうしたらいいか?相手
の攻撃をどうさばくのか?
1年前には考えられない
レベルでチャクリキ古河
は突き進む。
道場では色々な悩みを
もった子供達がいる中で
この5名がそれぞれ皆に
勇気を与えられる闘いを
してもらいたい。









 
 
 
 

11/10/2017


本日もキックボクシング
は大盛況!
冬の訪れ、11月に入り
急に寒さが増し、日没が
早くなってきた。年末に
向けて、チャクリキ古河
に活気が付く。例年そん
な印象を何故だか受ける。
闘争心というものは、夏
より冬、昼間より暗いほう
が持てると心理学書で
読んだことがあった。
最近では女性や初心者
の参加も目立ち、悩んで
いる方は1日でも早く体験
に来てほしい。
冬の到来と共に、空手、
キックともにこれからが
本番といった気持ちで
道場全体が熱気に満ち
ている。









 
 
 
 

10/27/2017


「努力が素質を超える」
・・・格闘技においては。
そんな雑談の中での
言葉が耳に入ってきた。
高みを目指すアスリート
にとっては、センスがい
かに重要かはいうまで
もないが、そんな中で
も少年空手で努力し
力をつけてきた子供達
も沢山みている。
また、素質があっても
努力しない選手の転
落もよく聞く話だ。
自分たちのような、
何をやっても上手くで
きない人間が熱くなれ
るスポーツとは、やはり
努力が身を結ぶ瞬間
が目の当たりにできる
ものだろう。
チャクリキでは空手に
せよ、キックボクシング
にせよ努力の重要さを
訴えかけている。
頑張れ!道場生達!









 
 
 
 

10/20/2017


ここ毎回になるが、チャクリキ
古河でのキックボクシングが
熱い!本日も専用駐車場が
満員御礼、スペースを探して
車を停めるのがやっと。
道場内に道場生が14名は
迫力が凄すぎる。カメラを向
けてもレンズが熱気で曇り、
こんな状況での取材は今ま
でになかった。
どこにカメラを向けても絵に
なる状況の中で、リングを交
代で使って全員で汗を流す。
「今日は生徒がいないので
取材は中止してください…」
と連絡が入っていた頃もあっ
た。道場経営が困難になった
現代でも、チャクリキブランド
だけでは厳しい昨今。
一生懸命な道場が生き残れ
る時代なのだろう。
そんなことを一経営者の目
線で実感した。
少年空手&キックボクシング。
まだまだノビシロに期待でき
る道場、老若男女目的別に
練習できるチャクリキ古河に
一度訪れてほしい。









 
 
 
 

10/13/2017


ここでの取材を始めて、2年半
でしょうか。前回も申し上げま
した通り、キックボクシングの
人気に後押しされてか、目的
は違えど、毎回活気が増して
きているチャクリキのキック。
最近感じるのは、ムエタイでも
ボクシングでもないこのキック
という格闘技が何故魅力的な
のか?道場生一人ひとりに聞
けば色々な意見もあると思う
が、私が感じた一つには、多
彩で自由なスタイルだからだ
ろう。教える側も人によって様
々、しかし皆間違ってはいない。
ベースはボクシングや空手、
またそれ以外でもあるが、
これから初められる方には
是非、色々な指導者を捕まえ
て指導を仰ぐと自分にあった
スタイルを見つけやすい。
余り、型にはまらず、全ての
指導者を信じてついてくる人
はやはり上達が早い。素人
ながら長く見てきた私だから
そんなことを感じてしまう。









 
 
 
 

10/06/2017


ドージョーチャクリキ
ジャパン古河が活気
を取り戻したかのよう
な賑わいに。
少年空手もそうだが、
キックボクシングの勢
いが最近凄い!
本日は11名の参加者、
道場内を練習生が埋め
尽くし、カメラマンも動き
回るのに精いっぱいの
状況でした。
最近のキックボクシング
人気と、チャクリキ古河
の地道な指導の結果
であると感心する。
今までになく、道場が
狭いと感じたこともなく
しかしながら、道場生
達は、逆にやり易そう
に自己の課題をこなす。
誰に言われることもな
く、指導役と受け役が
割り振られ、数だけで
無く、今までにない良
い雰囲気で道場が盛り
上がっている。








 
 
 
 

1 | 2 | 3 | 4